ゆきりぬが過去に起こした炎上!アンチを増やした理由はこれが原因だ!

今や整形Youtuberになってしまったよりひとさんに昔煽られていましたが、ゆきりぬさんは意外とアンチユーザーが多いのです。UUUM所属なのにというのは関係ないと思いますが、Twitterとかみていると結構アンチが多いです。

では、ゆきりぬさんはもともとアンチが多かった炎上系のYoutuberというとそんなことはありません。最初は普通だったのですがある時からアンチが増えた。

それが、過去に起こした数々の炎上です。ゆきりぬさんからしたらそんなに大したことでないと思っているのかもしれませんが、リスナーからしたら結構嫌なことをしています。また、リスナーに対する思いやりが低いのが炎上を大きくする理由かなと。

スポンサー広告

ゆきりぬがこれまでに起こした炎上をまとめてみました。

1.タイトル詐欺・釣りタイトルで炎上

企業案件のために過激なタイトルでリスナーを釣っているのが見え見え。

例えば、「婚姻届けを書きました。」というタイトルの動画。普通、このタイトルだけ見ると「えっゆきりぬ先輩結婚したのかな?」と思ってしまいますよね。

しかし、この動画を再生してみると、株式会社サクラクレパスの提供動画で、新商品【Ballsign iD(ボールサイン アイディー)】を紹介するというだけ。

確かに婚姻届けは書きましたけど、実在しない理想の結婚相手を書いたもの。高評価が4000程度、低評価も4000程度という結果に。

他にも、タイトルと中身がずれている動画が結構多い。本当の炎上Youtuberと比べると高評価はまだ多いものの、平均して低評価が多い印象。

2.肌荒れを修正詐欺していたことで炎上

肌荒れをしていたのを修正してごまかしていた時期があった。はなおさんらと一緒にロサンゼルスへ旅行へ行った際に、日焼け対策をしないで出かけてしまいます。帰国してから肌荒れ、ニキビができ始める。

ここで、対処しておけばなんとかなったが、忙しかったのでケアも一切できず、食生活、生活習慣もいい加減になり悪化したといいます。

ゆきりぬさんも表にでる仕事なのでぶつぶつの状態で出すわけにいかないと思ったのでしょう。ニキビを一個一個修正してInstagramに投稿。

これで、嘘をついていたことを告白しています。この動画は高評価の倍ぐらい低評価があるので結構炎上していますよね。

3.東大王で炎上

ゆきりぬさんは最近はタレント活動も頑張っています。横浜国立大学理工学部卒業とうい肩書にも関わらず、問題の回答が酷すぎる。

英語には自信があったようですが、ボロボロ。「Grandfather」=「祖父」なんて中高生でもわかる英語ですが回答できず…

まあ、ゆきりぬさんも大学を卒業してから何年も経っていますし、ずっと勉強しているわけでもないでしょうから仕方ないのもあるでしょう。

また、慣れない環境でスムーズに回答するのも難しいのかもしれません。ただですね、それでもちゃんと回答できないのにインテリで売ると叩かれるでしょう。

賢い女子で売っていきたいなら賢くないといけないわけです。赤っ恥、アホ丸出しの回答ばかりしているようでは炎上しちゃいますよね。

4.ニコ生時代の黒歴史で炎上

スポンサー広告

こちらで詳しい内容について触れています。

>>ゆきりぬのニコ生時代の黒歴史!サンタコスの水着動画で炎上した理由とは?

ゆきりぬさんは大学生の頃、ニコ生配信者だった時期がありました。そのときに、サンタのコスプレで自慢の体をリスナーに見せつけて閲覧を増やすことをしていました。

その戦法自体は生主ならよくやるのでなんとも思わないのですが、Youtuberになってからは、清楚系に路線変更。さらには、少しあざとい感じのキャラクターでやっています。

で、昔の動画をみたアンチとかリスナーからすると「何が清楚だよ。」「体売ってるじゃん。」と炎上。昔の方針と今の方針を変えているだけではありますが、これに対して納得いかないリスナーも多いのでしょう。

ゆきりぬの炎上についての総評

さて、今回はゆきりぬさんの炎上についてまとめてみました。

アンチが増えた炎上案件といえば、

「タイトル詐欺で再生数を稼ぐ」←しかも企業案件
「肌荒れを加工していた」←リスナーを騙していた
「クイズ番組で炎上」←インテリで売っているのにまともな回答ができない。
「過去の黒歴史」←清楚な印象なのに昔はダーティーだった

などなど、これらの理由で炎上したと思われます。ちなみに、これは僕の主観ではなくTwitter、YAHOO知恵袋、Youtuber世論調査のコメントから考えたことです。

この4つについてあまりよく思っていないアンチはいるようです。アンチではないけど好きになれないという人もいました。

ゆきりぬさんが炎上する理由はよく言えば演じている、悪ければかっこつけているところがあるからだと思います。

自分のことをさらけ出して、リスナーとうまくコミュニケーションがとれている人って多少性悪キャラでもなかなか炎上しない傾向です。

あとは、単純にリスナーからしたら悪いことをしたら炎上します。嘘をつく、タイトル詐欺をする、というのは特にマイナスですよね。

まだ、ファンは残っているとは思いますが、チャンネル登録者数、再生数が減っているのはもしかしたら炎上が物語っている証拠かもしれません。

 

こちらは、僕がよく使う「ソーシャルブレード」というSNSやYoutubeのデーターを調査することができる海外のサイトです。

上の「Monthly Gained Video Views for ‘ゆきりぬ’」は、月ごとの再生数の推移です。右肩下がりですよね。。。

下の「Monthly Gained Subscribers for ‘ゆきりぬ’」は、月ごとのチャンネルに登録した人の数ですが減っていますよね。。。(登録者数の推移ではありません。)

毎月再生数も減っている。毎月登録する人も減っている。となると、このままではちょっとまずいんじゃないか?という状況ではあるかなと思います。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です