木下ゆうかの年収が凄い!月収や総収入を色んなサイトで調べてみました。

Youtube界の大食い嬢王といえば、木下ゆうかさん。

Youtubeを始める前は、フードファイターとしてテレビに出演されていました。ギャル曽根さんやアンジェラ佐藤さん、ジャイアント白田さんなど有名なファイターと戦った経験があります。

Youtubeでまだ誰もやっていない頃から大食いという特技を生かし、動画を投稿し始めるとみるみるチャンネル登録者数、再生数を増やしていきます。現在は、552万人のチャンネル登録者数を誇るトップYoutuberです。

それだけ、チャンネル登録者数や再生数が多いのですから年収もものすごいはず。今回は木下ゆうかさんの年収、月収、総収入などを調べてみました。

スポンサー広告

木下ゆうかの年収・月収・総収入をYoutuber世論調査で調べてみました。

木下ゆうかの平均年収について思うコト

木下ゆうかさんの累計収入は、最小で2億1496万2621円 ~ 最大で15億473万8343円程度となります。その中央値で5億3740万6551円といわれています。最低でも2億円以上は稼いでいるというのを考えるとすごい話ですよね。しかも、これはYoutubeの広告収入だけで稼いだ金額ですからね。

2020年の平均年収は、3504万2416円となります。最小で1401万6967円 ~ 最大で9811万8757円程度が想定される収入。この中央値となります。

トータルの平均年収は、7547万2029円となります。

木下ゆうかの平均月収について思うコト

2021年06月 149万3431円
2021年05月 204万7645円
2021年04月 200万8511円
2021年03月 168万7454円
2021年02月 183万4365円
2021年01月 277万8406円
2020年12月 169万7723円
2020年11月 223万624円
2020年10月 243万5437円
2020年09月 301万5345円
2020年08月 278万4754円
2020年07月 284万1920円
2020年06月 262万2589円

スポンサー広告

最近の平均月収をみると意外と少ないですね。その理由は、登録者数の割には再生数が全然少ないからでしょう。アベレージで20万回、30万回とかそんなもんです。

その割には収入が安定しているのは、食べ物を扱うので爆発力はないものの長期的に再生されるのが理由かな~と考察しました。エンタメ系は瞬発的に何百万回とかいく傾向にあります。

けど、こーいうジャンルは長期的に緩く再生されていくのではないかな~と思います。バラエティー系ではなく何かの専門チャンネルってのはそーいう傾向にあります。

木下ゆうかの年収・月収・総収入をソーシャルブレードで調べてみました。

木下ゆうかの月収・年収について思うコト

ESTIMATED MONTHLY EARNINGS が$1.5K  –  $23.3K、ESTIMATED YEARLY EARNINGS が$17.5K  –  $279.4Kです。

月収が15万円~230万円程度、年収が175万円~2800万円。実際、ここまで少ないのかな~とは疑問に思いますけどね。

サブチャンネルの月収・年収は?

サブチャンネルの更新頻度も多くはなく、月収は1000円~2万円程度、年収は14000円~20万円弱とかそんなもんです。

木下ゆうかは企業案件が多いから広告収入だけでは測れない。

木下ゆうかさんの動画をみれば一目瞭然ですが、飲食企業と多くタイアップしています。例えば、丸亀製麺、吉野家、協同乳業、大江戸温泉物語などです。

そのため、広告収入だけで総収入を想定するのは難しいです。

ちなみに、企業案件は契約内容にもよるとは思いますが、チャンネル登録者数やアベレージの再生数などで決まります。100万人で1件100万円~300万円とかになるといわれています。

そのため、木下さんは500万人もいるので1件扱うだけで相当な額を貰っているはず。さらには、大盛グルメのプロデュースなんかも行っています。

こーいうのは、動画上ではわからず、自信のブランドで企業とタイアップして商品を発売するので、本当に再生数がこれだけあるからこれだけの収入だと計りにくいYoutuberの典型例だと思います。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です