三年食太郎が鼻を整形した?整形前後を比較!病院を教えない理由とは?

三年食太郎さんといえば、大食い系Youtuberでチャンネル登録者数52万人を誇る人気配信者です。

そんな、三年食太郎さんは動画の中でも「整形手術はしています!」ということを公の場で語っています。それもあって、三年食太郎さんが整形していると話題になったんですね。

あとは、「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」という芸能人が驚きの近況を報告する番組に出演し、整形について語っていました。

それも、ツイッターなどSNSでとてもバズまして、「三年食太郎って整形だったんだ。」と知った人もいたみたいです。

今日は、そんな三年食太郎さんの整形に関する情報をまとめて記事にしましたのでよかったらご覧ください。

スポンサー広告

三年食太郎が鼻を整形した?整形前後を比較!

こちらのサムネイルをみても整形前後の顔が全然違いますよね。。。整形につてすべて語ってくれている動画を投稿してくれています。

1.目を整形した話

・目頭切開

目は19歳ぐらいのときにはじめて目頭切開という手術を行いました。目頭切開にも何通りか方法があります。三年食太郎さんはその中のZ法という術式を行いました。

Z法は蒙古ひだの強い人に向いている切開方法。傷跡が目立たず、回復が早いのが特徴的。

蒙古ひだが無かったので切って見せることにしました。メリットは目が大きく見える、離れ目改善が期待できます。

三年食太郎さんは二重幅が奥二重の目を目頭切開したことで平行二重にすることができました。

このように、平行二重と離れ目改善をするために目頭切開をおこなったそうです。これはやってよかったとご満悦の様子。印象がかなりかわったそうです。

・目尻切開・たれ目形成

これは、目頭と違って目尻を切る手術。メリットは目が大きく見えるようになる。つり目がたれ目になる。

最初は目尻切開だけにしようと思ったけれども、目尻切開だけですと後戻りしやすいし、あまり効果がないのでたれ目形成と併用したほうがよいというアドバイスをからたれ目形成も同時に行いました。

こちらも、かなり変わったようでご満悦の様子です。

2.鼻を整形した話

・鼻尖形成

鼻はかなりやっていたようです。初めは18歳くらいの時に人生初の整形手術を行います。それが、「鼻尖形成」という整形手術です。丸い鼻先を細くシャープにする手術です。

はじめは良い病院が分からず口コミで病院を選んでいたそうです。しかし、効果はなかったそうです。当時はお金がなく鼻尖形成のみ。本当ならば他の鼻手術と一緒にやることでもっと大きな効果が期待できるのかもしれない。

・鼻のヒアルロン酸注射

その後、鼻のヒアルロン酸注射を打ちました。これは現在はないそうです。当時はこれを3回ぐらいやっていました。ゲル状のヒアルロン酸を注入して鼻を高くする手術。プチ整形なのでお手頃にできるのも特徴的。

しかし、ヒアルロン酸は時間が経つと吸収されるので効果が持続しません。そのため定期的に通わないといけません。それはお金もかかるし面倒だと感じたため辞めたそうです。

・I型プロテーゼ

I型プロテーゼは鼻筋にプロテーゼを入れる手術です。3.5ミリのプロテーゼを一回いれましたが、それも結局変えることに。

・耳介軟骨移植

スポンサー広告

次回軟骨移植とは、耳の軟骨の一部を切り取って鼻先に移植して縫い合わせる手術です。こちらも、多少は変化があるものの劇的な変化は実感できなかったそうです。

・眉間プロテーゼ挿入&I型プロテーゼ入れ替え

眉間にプロテーゼを入れて鼻筋のプロテーゼを3.5ミリから4ミリのものに入れ替えました。

・鼻中隔延長

耳の軟骨の一部から胸の下あたりにある肋軟骨の一部を搾取し、鼻に移植する手術。がっつりと印象を変えたかったので先生にオーダーメイドでやってもらったそうです。

鼻は限界があるので完璧にするのはむずかしいですが、大分印象が変わったので満足しているそうですよ。

・鼻翼挙上と鼻翼縮小

鼻のよこを小さくして高く上にあげました。鼻が左右差があったので大きさを整えてもらい鼻の穴を小さくしてもらったのです。

以上で鼻の整形はとりあえず終了だそうです。

3.唇の整形の話

・ヒアルロン酸1cc注入

2020年8月に唇にヒアルロン酸を入れました。もともと鼻の下の長さを気にしていてオーバーリップしたのです。本当は人中短縮したいのですが、ダウンタイムが長いののがデメリット。今は仕事も忙しいからなかなかそれができないのでヒアルロン酸を入たのです。

4.輪郭、しわ、たるみの整形の話

・頬、あご下の脂肪吸引

頬の皮下脂肪、あご下の皮下脂肪を取る手術を行いました。これによりシャープな輪郭ができます。さらに脂肪が顔につかなくなる効果が期待できます。

脂肪吸引とは脂肪ができる細胞を除去してくれるので半永久的に脂肪がつかなくなるのです。

もともと、脂肪がつきやすい丸顔だったのでこれもやってよかったと満足されていました。ただ、ダウンタイムが半年ぐらい続いたのがつらかったそうです。

・下瞼脱脂

クマがみえるのは、目の下にある脂肪が多いのが原因です。それを取り除く手術を行いました。もちろん、クマになる原因は人によってさまざま。寝不足血行が悪くなってできる意図もいれば光の当たり具合でクマに見える人もいます。三年食太郎さんは光の当たり具合がクマに見えていたようなので脂肪除去で改善できたのです。これもやってよかったといっています。だいぶ印象が変わった。表情が若々しく見える。

・貴族手術

鼻翼の付け根の部分にプロテーゼを挿入することで中顔面の陥没が改善され立体的な顔立ちに見えたり、ほうれい線のシワを浅くする手術。しかし、鼻の下が長くなったり、小鼻が広がるなどの理由から元に戻したそうです。

・ほうれい線のヒアルロン酸2cc2回

貴族手術がうまくいかなかった代わりにほうれい線のヒアルロン酸注入を二回行っています。

・エラボトックス

顔の表情筋に作用させることでシワをなくしたり、筋肉の目立つ部分(エラふくらはぎ)に注射することでボリュームダウンさせる作用がある。えらが出ている人などはエラボトックスを行うと小顔の効果などが期待できます。

・糸リフト

時間が経つと溶ける糸をを使って輪郭を引き締める手術。これを2回行いました。1回目はコグリフト7本、ミントリフト16本入れました。

・バッカルファット除去

頬の内側の奥にある黄色い脂肪を取る手術。下膨れの人には効果的な手術のようです。

・あごのヒアルロン酸

あごのヒアルロン酸はやって良かったといっています。効果はあまり期待していなかったけどやってみたら顔が小顔になったそうです。あごが長く見えることで人中が長さを多少ごまかすことができるというメリットがありました。

三年食太郎さんが整形に使った金額が凄すぎる

食太郎さんもキャバ嬢の写真を見せて、「これに近付けるようにしてください」と整形を繰り返したそう。彼女の場合、鼻にI字プロテーゼを入れ、胸の肋骨を鼻先に入れる鼻中隔延長でスッキリとした鼻筋に。小鼻を縫い合わせる鼻翼縮小手術で立体的で小さな鼻に仕上げたとか。鼻の整形を5〜6回受けた彼女、その費用総額は300〜350万円とのこと。

大食い動画を始めた当初はメイクだけで鼻の立体感を出そうと奮闘していたそうだが、その顔が衝撃的だった!? その画像が紹介されるが、ノーズシャドウを入れ過ぎたメイクに、番組MCの名倉潤から「シマウマやん」とツッコミが。YouTubeのコメント欄でも「墨でも塗ってるんですか?」「炭鉱から帰ってきたくらい黒いな」など鼻のことを散々書き込まれたそうで、それもあって整形を選択したという。

彼女は目頭と目尻を切って大きくぱっちりとした目にし、糸リフトを使ってシュッとした輪郭に。さらに、唇や顎にヒアルロン酸を注入するなど、定期的なメンテナンスを行っているそうだが、その金額は?

メンテナンスは1回100万円くらい、年に2回のメンテナンスで200万円くらいかかるという。加えて、今は鼻の下の長さが気になるそう。YouTubeに顔についてのコメントがくると、気になってしまうのだという。

年間200万円のメンテナンス費は、YouTubeの収益からまかなっている彼女。バズった大食い動画も紹介され、超ボリューミーな二郎系ラーメンを平らげる姿は圧巻だった。

テレ東プラス

三年食太郎が整形した病院を言えない理由とは?

「病院に確認をとっていないのと、人によって合う合わないがあるから伏せさせていただきます。」

「ただ、すべて国内。韓国は一度も行ったことはありません。」

ということだそうです。

やはり、そうなんですね。これも聞く話です。

「AさんがA治療院へいって施術してもらって満足」でも「BさんはA治療院へ行って施術しても不満足」別に技術が無いわけではないのです。

本人の趣向と病院の相性というのもやはりあると思うので人によって合う合わないというのが関係してくるのではないかと。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です