HIKAKIN(ヒカキン)の背中の筋肉が凄い!どんな筋トレをしているのか考察します。

HIKAKINさんといえば商品紹介やゲーム実況のイメージが強いです。

もちろん、ほかにも色々な動画を出してはいますけど、あまりアクティブなイメージがないです。家で動画を撮っていることが多いのかな?と。

フォートナイトの生配信何てそれこそ家でやっているでしょう。

そんな、ヒカキンさんが話題になったのは筋肉です!

え、ヒカキンって筋肉あるの?昔はがりがり、今はただ太っただけなんじゃないの?と思っていました。

では、HIKAKINさんってどれだけの筋肉があるのか?

スポンサー広告

HIKAKIN(ヒカキン)の背中の筋肉が凄すぎた!

まず、これ。

こちらは、2015年1月7日に投稿した動画ですが、筋肉はなくはないものの全然ムキムキではなく普通の体型。

今よりもかなり痩せていますよね。

それが。。。

このバルクのある背中になってしまったのです。

加藤純一さんもこれについてはコメントしていました。「HIKAKIN背中すげーなwww」と。

最近のHIKAKINさんを見ると昔のようなガリガリ体形でないのは知っていましたが、ただ単に太ってデカキンさんみたいになっただけ。

そんな風に思っていました。

しかし、これを見る限り、ただ太っただけ。という感じではないですよね。ジムで難かしらのトレーニングをしないとこーいう形にはならんでしょう。

まるで、パワーリフティングの選手のような背中をしています。

HIKAKINの背中の筋肉に対するコメントをまとめてみた。

スポンサー広告

このようにヒカキンの背中デカすぎ、やべーなwとか、絶対に鍛えているだろうというコメントがたくさんありました。

中にはボディビルダーの選手の人がHIKAKINさんの背中について褒めているぐらい。

ただ、ぶくぶく太るだけではこーいう盛り上がりのある形になるということはないんじゃないかと思います。

数年前のHIKAKINは毎日欠かさずジム通いをしていた?

現在はジムや筋トレに関する投稿は全くと言ってよいほどしていませんので、通っているかどうかは定かではありません。しかし、この背中を見せて通っていないとは言わせない!

では、まず数年前はどんな投稿をしていたのか?

4~6年前は筋トレに関する投稿をしていました。10Kgのダンベルで上腕筋を鍛えたり、ワンダーコアで腹筋を腹筋を鍛えるなどの動画を出していました。

ただ、この頃は今よりも細い体形をされていましたね。

食事に関してもこだわっていた時期もありました。炭水化物を取らないダイエットということで絞っているのが伺えます。現在は脂肪の下に筋肉があるような体形。

このように、過去のHIKAKINさんの投稿をみると、筋トレ好きなのが伺えます。もちろん、最近は忙しくてやっていない可能性もありますが、背中をみるとね~。絶対やってるでしょw

HIKAKINさんのバルクのある背中を作るためにはどんなトレーニングがおススメ?

これだけ分厚い背中を作ろうとするとなかなか難しいとは思いますが…可能です。十分なトレーニングと十分な栄養を摂取する。まずはおすすめのトレーニング方法を紹介したいと思います。

※実際にヒカキンさんがやっているかはわかりません。

デッドリフト

背中の筋肉を分厚くするトレーニングの王道といえばデッドリフトです。重たいバーベルを背中の力を使って上げ下げするトレーニングです。やりこめば普通の男性でも200Kg近くのバーベルを上げることができるようになります。

シュラッグ

HIKAKINさんの肩をみると山のように盛り上がっています。これはシュラッグというトレーニングで作ることができます。バーベルを持って腰のあたりに構えたら肩を上下する力で上げ下げします。効率よく僧帽筋が鍛えられるので肩回りを大きくしたい人にはおススメです。

ローイング

ワンハンドローイング、ベントオーバーローイングなど背中の中央部の筋肉の厚みを作るためのトレーニングです。デッドリフトとはまた違う負荷を与えられるので合わせて行うことをおすすめします。

ヒカキンさんが上記3つのトレーニングを行っているかはわかりませんが、こういった専門的なウエイトトレーニングを行うことで背中のサイズを大きくすることは可能です。ヒカキンさんを目指すならとりあえずウエイトトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です