少年革命家ゆたぼんの月収・年収・総収入はおいくら?調査結果と今後予想できること。

小学5年生のときに先生から宿題をやってこず怒られてしまった。それに対して、ゆたぼん、ゆたぼんパパは逆切れして学校に行かないことを決意。

ゆたぼん、ゆたぼんパパ側の主張だと「先生にはたかれたから行かないんだ!」「宿題が嫌で、勉強が嫌でいかないわけではない!」と言っているがどうなんだろうw

とりあえず、2019年にYoutube界をにぎわせてくれたのがこのネタ。コレリスでゆたぼん信者の20代後半の女性も現れる。

「普通の小学生なんてお金だけかかる。でも、ゆたぼんはお金を稼いでくれるからありがたい。」なんてことをいってましたね。

では、そんなゆたぼんって月収だったり年収ってどれぐらい稼いでいるんでしょうか?調べてみました。

スポンサー広告

ゆたぼんの月収・年収・総収入を調べてみました。

2020年の月収

・1月 44万2887円
・2月 42万4371円
・3月 38万9528円
・4月 110万5469円
・5月 42万5903円
・6月 73万5208円
・7月 83万3447円
・8月 33万4799円
・9月 20万6127円
・10月 37万2987円
・11月 24万1569円
・12月 52万2932円

2020年の年収

 ・603万5227円

2021年の月収

・1月 28万7058円
・2月 26万5177円
・3月 52万5694円
・4月 154万9707円

参照元 Youtuber世論調査より

こちらは、あくまでも目安です。Youtubeの広告単価は正確に計算するのは困難ですし、時期や視聴者の属性によって広告単価は大きく変動します。最小で241万4092円 ~ 最大で1689万8635円となります。

とはいえ、全然稼げていないというのはありえません。少なくとも年収240万円程度は稼げているわけですので小学生でこれはある意味すごい。ただ、悲しいことにそのお金のすべてはゆたぼんパパの懐にい入るという。。。

また、これは広告収入なのでそれ以外のメディア出演や企業案件なども合わせると収入はもっと多いはず。

ゆたぼんの収入は今後も持続するのか?個人的な考察を述べてみます。

少年革命家ゆたぼんを多くの人は批判しています。西村博之さん、シバターさん、みずにゃんさん、PDRさん、ステハゲさん、コレコレさん、加藤純一さん、石川典行さんなどの動画を観てもロジックがしっかりとしていて納得できます。

「学校にまともに行かず将来プラスになることはない。」ということ。でも、僕は頭ごなしに批判はしませんが、色々と思うことがあるので書いてみました。

1.ゆたぼんはこのままだと収入は低下する理由

今ではサラリーマンの年収以上稼げているのかもしれませんが、このままだと徐々にオワコンになっていくはずです。ゆたぼんが注目された理由は不登校小学生という新しいコンセプトに世間が食いついたからです。

スポンサー広告

今も中学生で学校にいきません。というのはまだわかりますが、これが高校生になったらどうなるの?15歳で高校に行かずに働いている人は普通にいますので、もし、ゆたぼんが15歳になって「俺は高校にいかへんで。」とかいっても「あ、そうですか。義務教育じゃないですからね。」となるだけです。

で、次第に誰も注目しなくなっていきます。不登校小学生Youtuberというものは寿命が短いです。

2.将来に向けて新しい切り口へシフトチェンジしないと無理

今は12歳なのであと3年のタイムリミット。この3年間、学校へ行かない代わりに何か新しいことをしていかない限りは難しいでしょう。逆に、人脈を活かせいて面白いことをやっていく。今のブランドを捨ててほかのことで成功できれば収入も維持もしくは増やせるのではないかと思います。

芸能人で言う、子役は大成しない理論と似ています。子役の時はかわいかったから売れていただけ、でも大人になったら普通。演技も普通。ならばダメなのです。大人になってもうれる要素を作っていかないとゆたぼんは本当にオワコンになります。

ただ、ワンチャン、ゆたぼん親子はそれを成し遂げる可能性があると思っています。だから、大人たちはそれを危惧してるのです。ゆたぼんが成功したら真似する小学生が出てくるでしょうからね(苦笑)

3.なんやかんや学歴は保険になる

今の時代高卒だけでもまあまあキツイ。Fランク大学でも出ていると出ていないとでは大違いです。やはり学歴が高いだけで魅力的な仕事に就きやすいです。高卒でなんのスキルもないと所謂マックジョブといわれる単調作業しか残されていません。倉庫、製造など誰でもできる仕事です。で、給料も少ない。

では、ゆたぼんはどうゆう状況なのか?というと履歴書に書ける最終学歴が中卒(事実上は小学校中退)となります。

仮にYoutuberが失敗したらどうするのか?ゆたぼんパパのお手伝いでカウンセラーをやるのか?セミナー屋になるのか?つまり、潰しが効かない状態にいるということ。

それで、自分を追い込んで頑張れるなら良いと思いますが、出来ることなら保険に入るという意味でも大学まで行ってほしいですがね。それに、学問を学ぶと知識が付くので、動画でそれを発信していくこともできます。

それに、小卒で止まっている学力だと発信できることに限界があると思います。ゆたぼんパパ、茂木先生、立花先生など裏に参謀がいるのから必要ないと言えるのかもしれませんが、一生大人に頼るのか?

おわりに

さて、今回は不登校中学生Youtuberのゆたぼんくんの月収、年収、そして、今後それが持続するのか?個人的に思うことを書いてみました。

確かに小学生Youtuberで年収数百万も稼げていること自体はすごいと思います。仮にこれが一生続くのであれば一生食うのに困らないでしょうね。

ただ、一生続く保証なんてないですし、ゆたぼんというコンテンツに飽きられたらもはや続くこともないでしょう。

だからこそ、大学まで行くというのは保険としてやっておくほうが良いとは思いますが、もし、不登校を貫くのであれば今から3年間は必死で頑張らないといけないでしょう。

不登校小学生というコンテンツと同等、それ以上に儲けられるような新しいコンセプトのキャラクター、ポジションを構築していく。

たぶん、あの親子のことですから頑なに学校へはいかないでしょう。では、新しいポジションへ移行できるのか?この3年の間にどうなるのか?とても楽しみですね。

最近は格闘技をやったり、レコーディングをしているなど活動を頑張られているようなのおそらくは何か考えているのでしょう。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です