DJ社長レペゼン地球解散のHの本名は浜崎盛史?顔画像や息子の情報など調べてみました。

DJ社長が昨日動画にてレペゼン地球の解散理由を説明していました。もともと、レペゼン地球は解散するつもりはなかったけど解散するしかなかった。

それが、DJ社長の動画に登場するH氏とされる人物に株券の過半数以上を持たれていたことが原因。

詳しくはこちらへ

>>DJ社長がレペゼン地球の解散理由を暴露!株主H氏と訴訟!裁判で勝てるのか?

この件はDJ社長は世間に情を訴えているけれども、冷静に考えたらH氏は法律を犯しているわけでもないのです。仮にDJ社長を騙した証拠があるなら別ですが…

それは、DJ社長側が証明しなければいけないので難しい裁判だと思います。

個人的に思うのが、H氏はかなりやり手だな~です。

しかし、レペゼン地球のファンはこれを聞いて怒り心頭。早速、H氏の本名だったり、顔写真が特定されています。これが裁判に勝つことができないDJ社長の別の戦い方だったのかもしれません。

スポンサー広告

H氏の本名は浜崎盛史?顔写真やプロフィールなど。

Twitterをみると大騒ぎというか、本当にすごいことになっていますね。「レペゼン地球を騙しやがって!」「DJ社長をクビにして陥れやがって!」という投稿とともに特定の嵐に。会社から、Facebookから何まで徹底的に探され公開処刑に。。。

しかし、もはやこの人しかいねーだろって根拠しかないんですよね。

浜崎盛史のプロフィール

本名:浜崎 盛史
出身:兵庫県神戸市
在住:神戸市
出身大学:近畿大学法学部
年齢:54歳
代表取締役:株式会社ハマサキコーポレーション社長
経歴:神戸市議会議員選挙出馬、カンボジア王国オリンピック委員会に任命など

浜崎盛史は過去に選挙で落選している

まず、調べによれば2011年に神戸市議会議員選挙に出馬しています。この時は44歳ですので現在は54歳ということが分かります。

ただ、残念ながらこの選挙では落選してしまっているんですけどね。

浜崎盛史は実業家!複数の会社を経営

神戸にある警備会社、有限会社ハマサキコーポレーションの代表取締役、NGUステラの代表取締役をされています。

NGUステラ株式会社の会社概要のページをみるとこのようになっています。代表取締役が浜崎盛史となっています。

主要株主は、株式会社ハマサキコーポレーション、セイコー電機株式会社、NGU Stella Korea Co.,Ltd.、アライドカーボンソリューションズ株式会社

これに加え、株式会社LifeGroup(ライフグループ)、DJ社長が代表取締役を務める会社の経理をやっていたわけです。

この中の役員に浜崎さんの息子さんがいたことも発覚。

H氏の本名は浜崎盛史がではないか?と推測されている理由

このようにレペゼン地球と浜崎盛史さんが一緒に写っている写真が複数上がっている。

また、DJ社長が動画ですべて語っている動画を公開した瞬間、浜崎さんはFacebookのすべての情報を非公開にした。

イニシャルを考えてもHは浜崎さんになりますからね。

で、動画の中でDJ社長と口論になった際に、関西弁を喋っていましたので兵庫の人間であるというのは一致します。

そして、何よりもこれ。

スポンサー広告

DJ社長の会社の登記簿に浜崎氏の名前が載っていること。これが一番の理由でしょう。

浜崎盛史の息子はなぜ特定されようとしているのか?

レペゼン地球の20倍の給料を息子に支払っていた。具体的には200万円、しかも高級マンションに住まわせていた。では、息子は何かしたのか?というとなんも仕事をしていない。

まさに、不労所得を得ていたということになる。

これに対してDJ社長が「なんで息子は働いてないのに200万円ももらって、俺らはこんなに少ないだ!」と怒り狂っていました。

一方で、浜崎さんの主張は「いや、これは木元君の会社のお金じゃなくて別のお金だからね。」と弁解する。

ただ、それはどうだろうな…と思う。なぜなら、浜崎さんの息子さんがなぜかDJ社長の会社の役員として在籍しているわけです。

自分のポケットマネーを渡すというのであればわざわざ株式会社LifeGroup(ライフグループ)に在籍させる必要がありませんからね。

>>DJ社長がレペゼン地球の解散理由を暴露!株主H氏と訴訟!裁判で勝てるのか?

浜崎盛史のTwitterの口コミ

Twitterではどちらかといえば、DJ社長、レペゼン地球を擁護する投稿が多いです。というか、大半それです。

まあ、難しい話ですよね。

DJ社長も無知だったのは悪いことですし、それを知っていてうまくやりのけたのが浜崎さん。また、浜崎さんはうまいこと法律の知識を使っている気がする。

道徳的にいえば、浜崎さんは悪い、法的にいえば正義。DJ社長も命に繋がる部分を浜崎さんにすべて委ねるというのは甘すぎたといったところでしょう。

裁判に勝てないのが分かっていたから大衆を味方につけた?

DJ社長は浜崎盛史さんとの裁判に勝つことができないというのをわかっていた可能性は高いです。もし、勝算があるのであれば、このような動画を公開するほうがデメリットになります。

では、なぜ公開した?

本当の理由は、裁判に勝つことが出来なくても、ファンや世間を味方につけて浜崎盛史さんを潰すことが狙いだったのではないかなと思いました。

そもそも、H氏というヒント、会社の登記簿を調べれば役員の名前が分かる、ならば、過激な私刑執行人は即特定を始めるでしょうし、ブロガーはお金儲けのためにそーいうものに食いつく。

インターネットってそーいう世界なわけじゃないですか。

DJ社長ってそれを知っていてあえてH氏というヒントを出したのではないかと思います。もし、そーでなければイニシャルすら出しませんからね。

まあ、この勝負どっちが勝つか?裁判ではおそらく浜崎盛史さんが勝つでしょうが。。。浜崎さんは今後制裁を受けることになるかもしれません。

「ネットの世界で一生おもちゃにされる(すでにコラ画像が作られている)」
「家族(特に息子)へのいたずらが考えられる」
「家や会社に凸する頭のおかしい配信者が出てくる」
「家や会社に変なものが送られてくる(生ごみなど)」

裁判で勝つことが出来てもそれ相応の制裁を受けることになる可能性はあるでしょうね。

そーいう意味ではこの勝負どっちが勝ちなのか?まだわからないでしょう。少なくとも、法的にどーであれ、世間は全般的にDJ社長の味方ですからね。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です